MT::PluginDataを利用してCMS外から設定ロード

[simple-way:~] CTO% cat 2009年07月17日01:20.txt

MT::PluginDataを利用してCMS外からプラグインの設定データを読み込む方法。

・MTオブジェクトをnew (ぶっちゃけ、これが重いのでnewしたくないのだが・・・)
・MT::PluginDataをload(PLUGIN, KEY)してオブジェクトを取得。
・オブジェクトのdataからハッシュリファレンスを取得。
・$data->{"setting_name"}で設定値を取り出し

引数は以下の値を設定すれば良い
PLUGIN:設定を読み込みたいpluginオブジェクトのkey値
KEY:configuration。ブログごとに設定できるプラグインの場合、configuration:blog:N(NはブログID)


[simple-way:~] CTO% []

<< Prev | Blog Top | Next >>

Comment Form

Save
Post
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
CTO
CTO

  • 1985年7月
    山梨県生まれ

  • 2002年12月
    日本学生科学賞 ソリューション部門 入選1等
    (巨大壁画設計アプリケーションの開発)

  • 2004年4月
    AC入試にて筑波大学第三学群情報学類へ入学

  • 2007年4月
    株式会社シンプルウェイ
    取締役 兼 CTO(最高技術責任者)に就任

  • 2008年3月
    筑波大学第三学群情報学類を無事卒業!!


QRコード
QRCODE