MTEntriesの実装を読む

[simple-way:~] CTO% cat 2009年08月19日18:25.txt

うがー、なんでMTの内部コードまで読むことになるのだ。

ということで、MTEntriesの内部コードを読んでみました。大体の処理の流れがつかめたぞ!

ちなみに、MT標準のタグは「lib/MT/Template/ContextHandlers.pm」でほぼ実装されています。500kb以上のコードです。この中を読めばMTのタグを制覇できるわけですね!!(読みたくないけど)

で、結局何をしたいかというと、MTEntriesのモディファイアに独自のフィルタリング条件を設定できるようにしたかったのです。そして、さすがMT、ちゃんと独自のフィルタを設定できるようなコードになっていました。

これから、どうやってプラグインでフィルタを追加するかを追うところです・・・。

最後に気が付いたのですが、こちらの記事で大まかな流れが説明されているではないですかorz。WWWの世界は広いですね。


[simple-way:~] CTO% []

<< Prev | Blog Top | Next >>

Comment Form

Save
Post
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
CTO
CTO

  • 1985年7月
    山梨県生まれ

  • 2002年12月
    日本学生科学賞 ソリューション部門 入選1等
    (巨大壁画設計アプリケーションの開発)

  • 2004年4月
    AC入試にて筑波大学第三学群情報学類へ入学

  • 2007年4月
    株式会社シンプルウェイ
    取締役 兼 CTO(最高技術責任者)に就任

  • 2008年3月
    筑波大学第三学群情報学類を無事卒業!!


QRコード
QRCODE